スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺処分0に向けて

今年も講習に行ってきました(´ `*)
お題はまあ、通年通りですが、
1つ。殺処分0に向けて
県が動き始めたのはボラ業で知っていましたが、

ブリーダーや各動取者にも殺処分を0に向けての講習がありました。

資料が公開されてました。

その中で、昨年度高知県の殺処分数は
犬90頭
猫1770頭であること。

見辛いですが、高知県は一番下と覚えて見てくださいね。

県下での持ち込みによる理由の主な原因としては、

・犬、猫の避妊去勢率の少なさ。
・生涯飼育が出来ない方が多い。(引っ越し、飼い主側の傷病や死亡)
・躾が出来ず、飼えなくなる(ペットショップによる衝動買い)

・受け皿である保護団体がない。

保健所の人がないって言っちゃったよー(இoஇ; )

(一応有りますが、主は金銭の集配みたいです。)


・シェルターがない。(譲渡の架け橋がない)

もうむしろブリーダーで作ってくれない?
作りたいけどさー( ̄∀ ̄;)

高知で保護される純血種のうちの殆どがペットショップだと聴いたことがあります。(保護関係で。)


展示販売で一目惚れ→衝動買い→飼い方分からずかわいいで許す→わがままで手を付けられない→捨てる。

もしくは、高齢者に寂しくないように犬猫を買い与える→飼い主が飼えなくなる(病気、死亡)→子孫が捨てる。

主な理由はこの2点で、それ以外に引っ越し、アレルギーなどの家庭的

事情があるようです。(家庭的事情の場合の殆どが保健所に相談、里親募集サイトなどを利用しての譲渡のケースです。)

なので、ブリーダーや動物病院やトリミングサロンなどの責任者に言っても、仕方ないのだけれど…苦笑混じりに言われていました。

何故言うか。→私(保護関係者)が居るから?なんて良からぬ想像をしてしまいながら聞いた、去年の殺処分数。

この中に入っているかもしれかなったわんずが、にゃんずが。

我が家から10頭ほど巣立っていきました。

どうか、どの子も幸せに天寿を全うできますように。

保護の子達にも、我が家のわんず達にも同じことを言いながら巣立たせていきます。

そして、迷子になったら、居場所が無くなったら帰っておいで。

道に迷うことないように覚えておくんだよ、と保護の子達には伝えています。

出来れば帰って来てほしくはないけれど、、。

さて、そんな高知のランク。(犬のみ)

(私の資料と、発表数とランクじゃ数値の前後があるのはなぜでしょー。

ちなみに私の資料(保健所担当者発表は)犬103頭、猫1717頭)

31位!!わーい!!

沖縄とワースト1、2を争う高知からの脱却です。

これは、一重に何十頭も抱えて、ボランティアしてくださる

動物保護のボランティア様々のおかげです。

(我が県はシェルターがありませんので。個人が負担するしかないのです。)

猫のシェルターは漸く今年、出来ました。

が、引き出しからの譲渡までには届かず。

シェルター計画も立ち消え。

むしろ、ペットショップが責任を持て!なんて言えないのが辛い。

(講習の室内で、誰もが言いたかったこの台詞。)


保護の段階で言われる相談のケース
「犬が首輪を除けて居なくなった。」
どういう意味か分かりますか?



首輪の老朽化、留具の破壊等により壊れるもしくは緩くなってきた時に何らかの形で外れる事による脱走。
だから、まだまだ外飼いが多い高知県では首輪・鑑札・迷子札の着用なしの犬が多いんです。

皆様も首輪の点検は定期的に行いましょう。

むしろフィラリアの予防すら県下は認知低めなのも困り者。

誰か県の水準をあげておくれー!!なんて他力本願ね。

まあでも、ワーストからの脱却は本当に頑張ったと思います。

殺処分目標減少数も犬は達成、猫はもう少し。というところまで来ました。

高知県、殺処分ゼロに向けて、頑張ってますよ、なブログでした。

お姉さま方がフリー中代わる代わる噛んでくださるお陰で、去年買った蹄達が最後の一個(ひよ噛み中)になりましたよ。

一年で7個てどういうことでしょう。

ため息しか出ませんよ( ;´・ω・`)


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。