ブリーダーへの問い合わせの仕方大丈夫ですか?

飼い主を犬が選ぶと言うのがよくわかる今回のわんず。

アリスちゃん、うちからお断りすることが100%でした。

お問い合わせ事態は10件以上ほどきたのだけれど、

全て

・紹介文を読んでいない(写真だけをみた?)

・値下げしてくれなどのマナー違反

・日本語が、理解できない?

・動物愛護法違反を促す。

↑ここね、本当に際どいんですよ、悪徳ブリーダーは

見学希望者のみ見学、そのまま空輸希望者は空輸してしまいます。

これ、法律違反です。

私はしたくないし、直接会って大丈夫そうか話してみたいのでしたくありません。

まあ、そういわずに聞いておくれ。

例としては

◼紹介文記載

「いつ生まれ?」「サイズは?」「性格は?」「色は?」など短文というか単語でメッセージをくださった方。

日本語読めてます?と聞きたくなるほど。

◼値下げ編

「はじめましてぇ(絵文字)全部合わせて5万なら買ってあげますよぉ?(絵文字)」

頭大丈夫ですか?とはいわずに、

ペットショップや他のブリーダーを当たってもらいました。

きっと希望の子はいないだろうね。

◼空輸

この方たちは意外とマナーがいい方たちばかりです。

ただ、見学していないのに買うのは法律違反ですよ。

必ず実際見て、説明を受けてからでお願いいたします。

浸透するのはいつかしら?

◼日本語が読めない?

キャンセルの場合でも返信を

返信なし。

出張費の説明(高いですよ。という説明)

了承、日程調整

振り込みお願い

やっぱり高いからやめるー!

最初から高いっていってるよね?

最初から意味不明なメッセージの人もいました。

それは迷惑メールかしら?

私だけでなく、他ブリーダーさんもきっと困ってる事例かもしれません。

お問い合わせの仕方を今一度考え、自分が貰って不快にならないお問い合わせをされて、素敵なご縁を見つけて下さいね。


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

殺処分0に向けて

今年も講習に行ってきました(´ `*)
お題はまあ、通年通りですが、
1つ。殺処分0に向けて
県が動き始めたのはボラ業で知っていましたが、

ブリーダーや各動取者にも殺処分を0に向けての講習がありました。

資料が公開されてました。

その中で、昨年度高知県の殺処分数は
犬90頭
猫1770頭であること。

見辛いですが、高知県は一番下と覚えて見てくださいね。

県下での持ち込みによる理由の主な原因としては、

・犬、猫の避妊去勢率の少なさ。
・生涯飼育が出来ない方が多い。(引っ越し、飼い主側の傷病や死亡)
・躾が出来ず、飼えなくなる(ペットショップによる衝動買い)

・受け皿である保護団体がない。

保健所の人がないって言っちゃったよー(இoஇ; )

(一応有りますが、主は金銭の集配みたいです。)


・シェルターがない。(譲渡の架け橋がない)

もうむしろブリーダーで作ってくれない?
作りたいけどさー( ̄∀ ̄;)

高知で保護される純血種のうちの殆どがペットショップだと聴いたことがあります。(保護関係で。)


展示販売で一目惚れ→衝動買い→飼い方分からずかわいいで許す→わがままで手を付けられない→捨てる。

もしくは、高齢者に寂しくないように犬猫を買い与える→飼い主が飼えなくなる(病気、死亡)→子孫が捨てる。

主な理由はこの2点で、それ以外に引っ越し、アレルギーなどの家庭的

事情があるようです。(家庭的事情の場合の殆どが保健所に相談、里親募集サイトなどを利用しての譲渡のケースです。)

なので、ブリーダーや動物病院やトリミングサロンなどの責任者に言っても、仕方ないのだけれど…苦笑混じりに言われていました。

何故言うか。→私(保護関係者)が居るから?なんて良からぬ想像をしてしまいながら聞いた、去年の殺処分数。

この中に入っているかもしれかなったわんずが、にゃんずが。

我が家から10頭ほど巣立っていきました。

どうか、どの子も幸せに天寿を全うできますように。

保護の子達にも、我が家のわんず達にも同じことを言いながら巣立たせていきます。

そして、迷子になったら、居場所が無くなったら帰っておいで。

道に迷うことないように覚えておくんだよ、と保護の子達には伝えています。

出来れば帰って来てほしくはないけれど、、。

さて、そんな高知のランク。(犬のみ)

(私の資料と、発表数とランクじゃ数値の前後があるのはなぜでしょー。

ちなみに私の資料(保健所担当者発表は)犬103頭、猫1717頭)

31位!!わーい!!

沖縄とワースト1、2を争う高知からの脱却です。

これは、一重に何十頭も抱えて、ボランティアしてくださる

動物保護のボランティア様々のおかげです。

(我が県はシェルターがありませんので。個人が負担するしかないのです。)

猫のシェルターは漸く今年、出来ました。

が、引き出しからの譲渡までには届かず。

シェルター計画も立ち消え。

むしろ、ペットショップが責任を持て!なんて言えないのが辛い。

(講習の室内で、誰もが言いたかったこの台詞。)


保護の段階で言われる相談のケース
「犬が首輪を除けて居なくなった。」
どういう意味か分かりますか?



首輪の老朽化、留具の破壊等により壊れるもしくは緩くなってきた時に何らかの形で外れる事による脱走。
だから、まだまだ外飼いが多い高知県では首輪・鑑札・迷子札の着用なしの犬が多いんです。

皆様も首輪の点検は定期的に行いましょう。

むしろフィラリアの予防すら県下は認知低めなのも困り者。

誰か県の水準をあげておくれー!!なんて他力本願ね。

まあでも、ワーストからの脱却は本当に頑張ったと思います。

殺処分目標減少数も犬は達成、猫はもう少し。というところまで来ました。

高知県、殺処分ゼロに向けて、頑張ってますよ、なブログでした。

お姉さま方がフリー中代わる代わる噛んでくださるお陰で、去年買った蹄達が最後の一個(ひよ噛み中)になりましたよ。

一年で7個てどういうことでしょう。

ため息しか出ませんよ( ;´・ω・`)


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

ブリーダー(犬舎)への見学マナー♡

最近ラプアリちゃんの見学にーというお問い合わせがよく来るようになりました。
ありがたい話ですが、ちょっと…という方もいますので、我が家だけかもしれないですが、ちょっと気に留めて頂けたら嬉しいです。
ブリーダー(犬舎)へ見学に行きたい!って方も一読されると嬉しいです。





■ファーストコンタクト(見学申込及びお問い合わせ)のマナー■


○当日の急な見学申し込みはお控え下さい。

ブリーダーって暇なんでしょ!?ペットショップ感覚で行っちゃえ!なお客様が非常に多く困っております。
ブリーダーだって暇ではないですし、外出もします。
大概そういう方はペットショップ感覚での訪問が多く、買う気はしないけど…見るだけー!ってファーストコンタクトからのお客様も。

当日急に「家に遊びに行かせてー!」と
よく知らない知人から言われたら
どういう気持ちになりますか?


「来ていいよー!どうぞー!」な
二つ返事な寛大な方って稀だと
思われます。
自分がされて嫌だ、断る行為はやめてください。


仔犬のストレス、感染症、ブリーダーの私用などもありますので、
前日までのお問い合わせをお願いします。

こちら、本気で切実です。何件もお断りしました( ̄∀ ̄;)
我が家の最短記録は1時間です( ̄∀ ̄;)
ペットショップ帰りに近くに行くので、よっていいですかー?なお客様でございました。
(丁重にお断りいたしました。)


○同日他の犬舎やペットショップを訪れてはいけません

時間的な余裕が無いからと、同じ日に犬舎を何件も見学することは控えましょう。犬舎にはワクチン接種前の子犬がいます。その為、念入りに手の消毒や衛生的配慮を行っていたとしても、万が一何らかのウィルスにより感染してしまったならば、最悪の場合、それまで犬舎で大切に飼育されてきた子犬達の命を奪う事にもなりかねないのです。
そのような事態を避ける為にも、飼い主の都合だけで見学の日程を決めることは絶対に避けましょう。
当日来たい!というお問い合わせの過半数がペットショップからの流れで近くにあるみたい!行ってみよー!なんて方が多いような気がします。
本当に当日の見学申し込みは控えて下さいと言いたくなるほど。
衝動買い防止のためにも、せめて前日までの見学のお申し込みをされることをおすすめします。
他のブリーダーにも迷惑行為になります。
ブリーダーはペットショップではなく、オープンではありません。


○購入の意思が無ければ見学に行ってはいけません

犬舎を見学する際のマナーとして、購入の意思が無いにも関わらずに犬との触れ合いの場所として見学に行くことは絶対にしてはいけません。
こういった行為は、子犬にストレスなどの負担を与えるだけでなく、ワクチン接種前の子犬の場合には感染症などの危険性も高まるのです。
その為、安易な気持ちでの見学はマナー違反となりますので、責任ある行動を心がけましょう。

○ご自身の希望はファーストコンタクトでしっかりと記載を。

インターネットからお問い合わせだったのにも関わらず、メールの見方がわかりません。なお客様。
不思議な例ですが、それ以外にも電話でのやり取り希望や質問、要望などあれば、その旨、ファーストコンタクト際にきっちり記載された方が良いかと思われます。
ブリーダーは貴方の親友や腐れ縁、幼馴染、家族などではありませんので察しては到底無理な話です。
他ブリーダーさんは特にだと思いますが、お問い合わせは貴方だけではない可能性もあるのです。
ご希望、ご要望がある際は明確にファーストコンタクトで記載されることを強くおすすめします。




■犬舎訪問時のマナー■

ブリーダーの話をよく聞きましょう

これは基本的なことですが、犬舎を訪問した際にかわいい子犬に夢中になってしまい、せっかくブリーダーさんが大切な話を丁寧にしてくれていても、覚えていない、聞き流してしまった、もしくは自分の知識を優先して十分に話を受け入れないなどのケースがあるようです。
しかしこういった行為ではブリーダーとのコミュニケーションはもちろん、信頼関係を築くことはできません。
ブリーダーの意見や思いは経験に基づくことが多いものです。
ですから、まずはしっかりと話を聞くことと、疑問に思うことは子犬の幸せの為にも、きちんと話を受け入れる心構えで質問することが最低限のマナーと言えます。
厳しい所だと、ブリーダーからお断りなケースもあるようです。
ファーストコンタクト同様マナーは守ってくださいね。



子犬の気持ちも考えてあげましょう

犬舎に見学に訪れた際、多くの方は子犬の性格や容姿、そして健康状態についての確認を求めるのではないでしょうか。
しかし、子犬にも体調はもちろん気分的な面においてもその日によって違いがあり、いつもは元気いっぱいに走り回っていたとしても眠くておとなしかったり、機嫌の悪い時も当然あるのです。
時間帯により昼寝の時間、ご飯前なども有り、1日ずっと元気で遊びたいなんて子犬はいないと思われます。

居たとしたらとても飼いづらい子ではないでしょうか…( ̄∀ ̄;)
ですから、そういったことも考慮し限られた時間の中で多くの情報を得よう子犬に無理強いしたりせず、子犬の為にもゆとりある気持ちで見守ってあげるようにしましょう。



親犬は見学出来ない場合もよくあります

親犬の様子が見たいと希望される場合、犬舎によっては見学をお断りしている場合もあるようです。
理由としては父親は別の犬舎で飼育されていることも多く、母犬に関しては出産に伴い痩せてしまい本来の健康的な毛の艶が無くなってしまう、もしくは毛が抜けてしまうなどの症状を起こしてしまうことがあります。
その為、無理を言って親犬を見学しようとしても残念ながらあまり参考にならないという場合もあるので、事前にそのような事情があるということをきちんと理解しておきましょう。





本当はこんな堅っ苦しいの書きたくないんだけど、結構お問い合わせ来たお客様の対応がファーストコンタクトの段階でいずれかに当て嵌まり、申し訳ありませんが、お断りしております。

ペットショップみたいな売ってなんぼ!な商売をしているブリーダーって少ないと思うのです。
ファーストコンタクトからブリーダーに品定めされちゃってる可能性も有るので、買ってやる!なんて気持ちではなく、家族を探していますな気持ちでのファーストコンタクトをおすすめします(ฅ'ω'ฅ)♪




多分他のブリーダー(犬舎)あるある?かもしれませんので、他のブリーダーでも子犬を迎えたい!って方いらっしゃったら参考にして頂けると嬉しいです。

○ラプアリちゃんの飼い主様募集中○
aryline24@gmail.comまで♡

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

断尾をするデメリット

前回の子犬たちは断尾も狼爪切除もした我が家( ̄∀ ̄;)
今回はその反省も踏まえ、断尾狼爪切除しない他国流の自然な姿の子犬たちです。




今回するしないにあたっては葛藤等ありましたが、前回の子わん全員に当たるビビリ川;゚;Д;゚;川の理由はそれのせい?と思えることがあったからです。




尻尾って本当に表現豊かで、ひよ達は短い尻尾のせいかあまり尻尾での反応は良くなかったのですが、今回の子たちは尻尾の先(本来切除する部分)がよく動き表現豊かに動きます(*´ ˘ `*)


断尾は何故行うのか
大きく2つの理由がありますが、
1.予防医学的な目的
牧羊犬や軍用犬、狩猟犬などの働く犬たちは時に尾や耳が途中で切れてしまう恐れがあり、支障や犬を守るための予防策として最初から切られる場合があります。

2.美容的な目的
愛玩犬などはこちらがメイン。
元々プードルも狩猟犬(水中回収犬)でしたので、こちらの名残と言われていますが、主な理由としては、ずっと行ってきたから、他の個体と同じにしておこう。という人間の利己主義な考えのもと行われています。
動物先進国のヨーロッパなどでは禁止している国の方が多いとされています。



○断尾のデメリットや悪影響


1.身体能力のデメリット

・ボディバランスをとる際の「舵(かじ)」としてのしっぽの働きがかかわっています。

・水中を泳ぐ際、手足をばたつかせると同時に、しっぽをゆらゆらと上手に動かすことによって推進力を作り出します。

・犬は走っている最中、しっぽを細かく左右に動かすことによって微妙にボディバランスを保っています。

しっぽにはこうした働きがあるため、断尾された犬はしっぽを保持している犬に比べ、平衡感覚や身体能力が劣ってしまうというのです。

2.社会性のデメリット

・断尾された犬に他の犬が近づこうとする際、警戒される傾向があるとのこと。

理由は、断尾された犬にはしっぽによる意思疎通がないため、他の犬から「何を考えているかわからないやつ!」と判断され、敬遠されるからだと考えられます。

しっぽによる意思疎通が十分でない犬は、他の犬と交流する機会が減り、必然的に犬は非社会的、かつ攻撃的になる可能性がある、と指摘しています。


断尾犬種(うちもですが)は、ビビリが多く、初対面で誰とでも仲良くなれる子は少ないのではないでしょうか。
よく、ランに行くと社交的なのは和犬や断尾をしていないワンちゃんが多いような気がします。

3.医学的なデメリット

しっぽは解剖学的に骨のほか筋肉や靭帯、腱や神経、血管が細かく配置されています。
それを切り落とすわけですから、それ相応の副作用やデメリットが生じるのは当然です。
ちなみに幻肢痛とは、本来あるべき体の一部を失うと、その失った部位になぜか痛みを感じてしまう、という現象です。
人間でこの症状が確認されていることから、同じ神経系統を有する犬にも存在するのではないか、と近年危惧(きぐ)されるようになってきました。

○断尾後の様々な後遺症

傷口からの感染症
過剰な出血切断部の幻肢痛
傷口の瘢痕化
しっぽを壊死させる「結紮法」が失敗してしっぽの先が大きく膨らんでしまうリスクもあります。


○断尾、狼爪切除の痛みは感じない?

晩成性動物の神経系統は未熟ではあるが、それは神経線維を包み、刺激の伝達を早めるミエリンと呼ばれる構造が不完全であるというだけで、刺激の伝達は遅いが、痛み自体は脳に伝わっている。
逆に、成犬には備わっている痛み抑制系の神経作用がないため、子犬は成犬よりも強い痛みを感じている可能性すらある。
もし晩成性動物が痛みを感じないのであれば、子犬と同じように未熟な状態で生まれる人間の赤ん坊も痛みを感じないはず。
しかし赤ん坊が痛みを感じないなどという事実はなく、新生児はわずかな刺激に対しても痛みのリアクションを示す。

よって、痛みは感じている(恐怖体験になっているのでないでしょうか。)とされています。
うちの子もよく、鳴きました。あれは痛かったからかな…と思ってしまいます。

この記事を見て、今回の子たちは痛みを感じさせずに自然のままの個体を目指して、断尾と狼爪の切除を行わない、日本では珍しいプードル姉妹です(ฅ'ω'ฅ)♪

いつか。日本のプードル達が断尾と狼爪の切除を行わないようになることを願って。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

動物取扱業第二段

プレゼント企画始動中です→


こちらの続きです。→

随分ご無沙汰なお話ですが、続きを備忘録兼知りたい方も検索履歴を見るといらっしゃるようなので、、。
後、年一回の見学に担当者の方が来られたのですが!担当者が良い人そうな人に変わってた!ヽ(ω゜`;ヽ))((ノ;´・ω)ノ

因みに、動物取扱業は私(飼い主)を守るためにとっておりますが、ブリーダーではありません。
飼い主家族の思い(エゴ)のために、のいこに不定期的に産んでもらっています。
ごめんね、のいこ( ˘•ω•˘ )




審査編

こちらの書類を保健所(都道府県市町村によって管轄保健所が異なります。)に提出すると、都合のいい日に保健所の担当者が見学に来られます。
ここで、かなりバトったのも内緒
ここもかなり都道府県管轄保健所の担当者により異なりますが、登録時に見学に来られた担当者はかなり神経質な方で、ほんっとイライラ…じゃなかった、しっかりと見学していかれました。

見学されるのは、

・サークル数(雌犬個体別に1個ずつ)

うちはキャリー簡易なの併せて8個
・飲料水、洗浄水、シャワー排水
人間と共有ではいけないそうです。
(管轄保健所により違いあり。)
・道具用品入れ及び餌保管
・犬舎環境(換気、エアコン等)

サークルが壁面にくっついていれば壁にビニールを貼るように、
フローリングが見えていたらマットを敷きなさい、
絨毯ラグなら引っかかって危ないなど、
口うるさい真面目な方は大変アドバイスを下さいます。
そういう人の口癖は今年は通しますけど、来年はダメですよ。でした(-_-#)
ええ、今年は褒めてくださいましたけど。
真面目な方に当たったらかなり言われますのでお気をつけて。
・死体一時保管所
密閉出来、保冷効果があるものだそうです。少なくとも親子3頭以上が入り、開かないもの、冷蔵庫などだと更に良しダそうです。
別の管轄では発泡スチロールでも通すところがあるらしいですが、うちは厳しい担当者だったので、厳しく言われました。
因みに発泡スチロールを構えていたわけではありませんが、不可でした。
・ゴミ一時保管所
こちらも完全密封で、鍵付きが好ましいそうです。家庭用ゴミ箱は不可だそうですよ。
・ドッグラン庭などの排泄運動スペース

など、一通りの見学をされますので、書類上の必要な物は、事前にお聞きして担当者がどういうのを好むか聞いてから準備されたほうがいいかと。
気にしない方は気にしませんが、神経質な方だと、こうなります。↑

因みに、その後書類の確認等あったのですが、まあ……凄かった。
この人とやっていけるの?と思ったほど。(部下さんへの対応も含めて)

まあ無事!担当者変わりましたけど!
やったー!と喜んだら新担当者の方、不思議そうに皆さんに喜んでもらえてますとはにかんでました。٩(๑>∀<๑)و♡
そらそうでしょうよ!



登録証明書編

そんなこんなで登録完了しましたら、
2週間程度で登録証明書が保健所の方に届きます。
私は取りに行きました。
不備等があれば、再度見学はあまりなく、大体写真が転送できるものでのやり取りになると思います。
郵送等でも対応して下さる所もあるようですが、管轄の保健所は…取りに来い。とのことでした。

印鑑必須です。
証書自体は簡単で、住所と名前の間違いの有無と、引き取りのサインをするのみです。
印鑑は取扱い業登録の印鑑でないといけないようです。


続いて講習&提出物編
いつになるかは…乞うご期待!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム